健康の定義とワークライフバランス

精力的に仕事に取り組むためには、何よりも「健康であること」が重要です。企業が本当の健康の意味を知ること、そして本当の健康を手に入れるために必要な方法を取り入れることで、人材が育つ企業へと成長できるのです。

「健康」とは

「健康」とワークライフバランス

世界保健機関(WHO)憲章では、「健康とは、病気ではない・弱っていないということではなく、肉体的・精神的・社会的すべてにおいて満たされた状態にあること」と定義されています。

広い分野で様々な角度から健康を確保するための取り組みが行われていますが、企業もその例外ではありません。人材で組織される企業の成長は、「人材が健康で幸福であること」がキーワードとなります。そのことに気づき、取り組みを行うことこそが、企業競争に勝ち残るための戦略といえます。

ワークライフバランス

ワークライフバランス

日本は今、労働者の意識や労働環境が社会経済に対応しきれず、仕事と生活が両立しにくい現実に直面しています。特に女性は、家事・育児介護などとの両立に悩むことや、問題を抱えることもあります。様々な悩みや問題を抱えているこの状況は、健康であるとはいえません。健康には、ワイフワークバランスが欠かせない要素なのです。

ワークライフバランスが保てないと、仕事に追われて心身の疲労が募り、病気を引き起こしてしまうこともあります。
これは、若手・中堅・管理職に関わらず起こり得ることです。女性活躍推進や女性活躍支援に力を入れる企業が増えていますが、理想的なワークライフバランスを保てる環境づくりが重要となるのです。

企業全体の意識改革なくしては、ワークライフバランスの向上は目指せません。企業と社員が協調して、生産性の向上に努めるだけではなく、職場の意識や職場風土と働き方の改革に自主的に取り組むことが重要です。ワークライフバランスの向上を目指して、同じ目標に向かって足踏みを揃える絶好のきっかけとなるのが「研修」です。

株式会社プロスタンダードでは、教育研修・能力開発を通じて貴社の残業削減や生産性・ワークライフバランス向上の支援を行います。現代の日本で注目されているタイムマネジメント・ロジカルシンキング・ダイバーシティを目的とした研修もございます。現状に必要な研修を実施してあらゆるムダをなくすことで、ワークライフバランスの実現を目指しませんか?

Top