仕事を円滑に進めるために欠かせない「ホウレンソウ」

ビジネスシーンにおいて基本中の基本ともいわれる「ホウレンソウ」。新入社員研修でも徹底している企業は多く、経験豊富なビジネスマンにとって常識ともいえる言葉になりますが、スムーズに実践することは難しいです。
そこで、こちらでは仕事を進める上で重要なホウレンソウについてご紹介いたします。

ホウレンソウとは…

「ホウレンソウ」とは報告・連絡・相談、3つの頭文字を合わせたものです。業務の流れを円滑に進めるための潤滑油となるもので、ホウレンソウを徹底することで仕事を効率良く行うことができます。また、会社は個人の力だけではなく、社員一人一人のチームワークのもとで成り立っています。万が一、個人の判断で解決しようと試みて、ホウレンソウを怠ると会社やチームに悪影響になることもあります。全ての社員が正しい方向性を見極めるためにも、自分の現状をしっかり把握してホウレンソウを円滑にすることは大切なことといえます。

報告・連絡・相談の目的

報告とは自分の現状を知らせるために行うことが目的です。過去から現在に至るまでの経緯と結果をまとめ、「自分が指示した方向に進んでいるか」「想定外の自体やミスが起きていないか」現在の進捗状況を上司に伝えるために行います。報告する際は、良い結果も悪い結果も事実をありのままに伝えることが大切です。自分の失敗やミスを隠したくなる気持ちも分かりますが、後で重大な問題を招くことにもなりかねませんので、報告の時点で包み隠さずに話すことが必要不可欠といえます。

ホウレンソウとは…

次に、連絡とは事実を関係者に知らせる作業、いわゆる事実の周知を目的としています。業務連絡や各種イベントへの参加の是非など、特定のグループに伝えるために行うもので、上司や部下に関わらず、誰もが発信側もしくは受信側になる確率が高いです。
手段としては直接口頭で伝える方法が理想的ですが、厳しいようであれば電話・メール・FAXなどを用いて連絡する方法もあります。最後、相談とは仕事に行き詰まった時に、判断材料を増やすために行うことが目的です。

仕事をする上で悩み事を抱えている方や、何らかの決断をする際に迷いが生じている方はたくさんいらっしゃると思います。
そんな時に上司や先輩など、自分より経験豊富な人々からアドバイスをもらうことで、解決への糸口が見つかることもあります。
しかし、相談とは相手の貴重な時間を費やす行為にもなりますので、忙しくない時間を見計らって行うことが大切です。
相談相手に迷惑のかからないよう、タイミングを見極めて効率良く相談するのが理想です。

ビジネスマナーでもよくいわれる「ホウレンソウ」。この基本を徹底することにより、社会人として立派に成長することに近づくのではないでしょうか。仕事の進め方に関しても効率化につながります。効率化が図ればモチベーションも上がり、会社全体の生産性や雰囲気にも好影響になることがあります。特に、社会経験の少ない新入社員の皆様は、新たな場でのホウレンソウの仕組みやスムーズな運び方などを各々で構築することもありますので、研修などで基本に立ち返り教育することをおすすめします。

新入社員研修や社員の方に向けた教育研修のことなら、株式会社プロスタンダードにお任せください。
こちらでは、企業の生産性・ワークライフバランス向上を目指し、様々なサービスをご提供しています。
「世の中のムダな残業を無くし、世界で活躍できる人財を育成する」というビジョンを掲げ、日々取り組んでおりますので、即戦力の高い人材を求めている企業様には最適です。場所は東京都港区にあり、これまで多くの研修・講演実績がありますので、ご依頼がある方はお気軽にお問い合わせください。

Top