残業削減による労働者・企業のメリット

長時間の残業を行うと労働者や企業どちらにも不利益を生み出してしてしまうのではないでしょうか。
労働者は疲労の蓄積、生産性の低下が考えられ、企業は割増賃金が発生するので経営を圧迫することになりかねません。
残業によりどちらもリスクを抱えてしまうことになるので、それらを避けるためにも残業削減を考えてみませんか。

労働者のメリット

残業削減のメリット

仕事を翌日に残さないために残業をする人もいるでしょう。
しかし、残業をし過ぎると、睡眠時間が減ってしまったり、疲れが取れなかったりして悪循環になってしまいます。

この悪循環には様々な原因がありますが、1日の仕事の流れを再確認したとき、計画通りに進まない事柄や不必要な残業の改善に着手し、小さな成功を積み重ねることでが大切です。常にワークバランスを整えることを心がけ、効率良く業務を進めるフローが労働者の働く意識を変えるのではないでしょうか。

企業のメリット

企業は経営を続けていく上で、常に利益を生み出し、コスト削減することが欠かせません。残業削減を行うことが残業代削減に繋がり、短時間で業務を行える従業員の育成、生産性の向上にもなります。また決められた時間の中で成果を上げられる職場作りになり、今後労働者人口が減っても一定の生産性の上げられる会社を実現することもできます。

さらに残業が減ることで、社員満足度向上に繋がり、離職率低減にも繋がります。このように多くの成果を得られるので、経営不振などのリスク回避になるのではないでしょうか。他にも企業の取り組み事例を基に、例えばノー残業デー、従業員の教育、トップダウンなどを参考にすると取り組みやすくなります。

現実的な残業削減方法が分からない、上手くできるか不安、という企業様は弊社にご相談ください。
弊社は、東京を中心に残業削減コンサルティングを行っています。ホワイトカラーの仕事の進め方を改善し、生産性向上をサポートするサービスを提供しております。生産性向上・収益性改善を考えている方は、ぜひ弊社をご活用ください。
どちらも実現できるような有効な手段を一緒に考え、ご提案いたします。

Top