2015年8月28日のメールマガジンの内容をご覧になれます。

2015年7月10日発信

 

■目次と見どころ


 

noimage

1.近況報告

 

2.今週の一冊

失礼ながら、その売り方ではモノは売れません(亜紀書房)

 

  1. 今週のニュース・記事

ユニクロ、「週休3日」で楽になるわけではない(東洋経済オンライン)

 

  1. その他(セミナー情報など)

今週はありません。


 

  1. 近況報告

日本経済新聞に取材いただきました。

8月24日(月)の夕刊で、常識ナビのコーナーです。

「時間管理達人への道(上)」というテーマでの取材です。

 

時間管理に関するご質問をいくつかいただき、記事になったのは弊社の研修で

必ずやる「稼働分析」の内容です。

要は、付加価値があったり自分の成果に直結する仕事が何なのかを意識し、

優先的に稼働時間を確保しよう、という意です。

 

営業の方であれば稼働の割合が3割に満たなかったりします。

営業でないミドル・バックオフィスの方であれば、付加価値がある仕事や

そうでない仕事の意識がなかったり、すみ分けが難しかったりします。

 

また、「時間管理=行動管理」というお話もさせていただきましたが、

ではどんな行動にどれくらいの時間を掛けているか、知る必要があります。

その意味でも稼働分析を行うと、どんな行動にどれくらいの時間を掛けて

いるかわかるので、おすすめです。

 

そのうえで、クリティカルな行動をどのように管理していけばよいか、

具体的なノウハウを学びます。

ここまですると、時間管理の達人に大きく近づきます。

 

8月31日(月)も少し掲載いただくかもしれませんので、

よろしければご覧になってみてください。

 


 

  1. 今週の1冊   失礼ながら、その売り方ではモノは売れません(亜紀書房) 

 

【書評】

現横浜市長、それまではフォルクスワーゲン東京、BMW東京、ダイエー等で社長を

歴任された林文子さんの一冊です。キャッチーなタイトルに惹かれ読んでみたの

ですが、久々に読みながら胸が熱くなりました。

営業向けの本なのですが、「人を動かす」という観点ではミドル・バックオフィスの

方が読んでも大きな価値があると思います。

 

やはり、突き抜けた成果を出している方の本は読んでいて面白いな~とつくづく

感じました。もちろん、真似できる/できないはあるのでしょうが、林さんの

考え方・スタンスを学びたいところです。とても面白い本です。おすすめです。

 

【本文抜粋】

品物を持って行けば、ただ帰ってくるのではなくて、お客の潜在ニーズを聞き

出してくることを忘れない。中華料理やそばのようなありきたりの出前には

飽きている。ほかほかの普通のお弁当を出前してほしい、などと注文が舞い込む

かもしれません。もし既存のお店でまかなえないなら、商店街の共同出資で

「ほかほか出前弁当屋」を作ってしまう。ご用聞きビジネスは、視野が広いと、

私は実感しています。

 

やはり目的を持ったときは、一度で懲りず、諦めずにチャレンジするという

ことです。

 

どうしても業績が悪いと、社員の悪い面に目が行きがちです。自分のことは

棚に上げ、あそこが悪い、ここが悪いと責めて、結局、負のスパイラルに

陥ってしまいます。実は業績が悪いときほど、社員のいい面に目を向けないと

いけないのです。

 

考えてもみてください。女性で、高卒で、出発が遅くて、それでもどうにか

やってこれるのです。男性で、大学を出て、若いときから仕事に就いて、

いったい何を諦める必要があるでしょう。時代が違う?私には言い訳にしか

聞こえません。

私に人と違うところがあったとしたら、常に熱いハートがあったということ

かもしれません。ショールームのイベントなど、その熱い気持ちが呼び込んだ

ものだったような気がします。

 

1つ改革の具体的なものを挙げると、営業所の営業時間を午後9時に閉める

のを7時に繰り上げました。みんな一丸となって頑張らないといけない

ときに、時間短縮をしたので、驚いた方が多かったようですが、私は自分の

生活も楽しめない人が、ヨーロッパの高級車を売れるとは思えなかったの

です。この改革が社員の気持ちに火をつけたのではないかと思います。

それに短縮した時間のなかで、いかに濃い仕事をするか、と意識が変わり

ました。

 

選択に迷うときは、困難なほうに賭けるのが私の方法です。迷うということは、

成功と失敗の可能性が五分五分だということ。リスキーなことに挑戦すると

いうことは、相当な努力を必要としますから、結果得るものが大きい。

よって、より難しいほうに賭ける、という選択になります。

 

【目次】

第一章:デフレ時代の、これが私の売り方

第二章:セールスは結局、自分を売っているのです

第三章:売れる営業は目のつけどころが違う

第四章:チーム力でモノを売る秘訣


 

  1. 今週のニュース・記事

 

ユニクロ、「週休3日」で楽になるわけではない(東洋経済オンライン)

 

ワークライフバランス推進と業績アップを両立させる、週休3日制度『気分で出勤』CAグループの『「人」がやめないスゴイ仕組み』の一環として実践(PR TIMES)

 

企業自身で生産性高める働き方改革を(日経新聞)

 

ガイアックス、「LGBT支援宣言」!採用は性別不問エントリーシートに(PR TIMES)

 


 

  1. その他(セミナー情報など)

 

今週はありません。
 


Top