2016年2月26日のメールマガジンの内容をご覧になれます。

2016年2月26日発信

 

■目次と見どころ

 


 

noimage

1.近況報告

 

2.今週の一冊

今週はお休みです。

 

  1. 今週のニュース・記事

資生堂、「子育て社員へ遅番要請」は是か非か(東洋経済オンライン)

ワーク・ライフバランス社の小室社長の記事です。

資生堂で働いていらっしゃったときの裏話なども語られており、

資生堂ショックへの理解が深まります。
 

資生堂の場合、百貨店の営業時間が短くならなければ自社の営業時間も

短くできない訳ですが、昨日の日経にも出ていたようにイオンも今後

営業時間を短くするようで、百貨店の営業時間短縮の流れは今後も

続くのではないかとみています。
 

営業時間が短縮しても現状の売上・利益は確保すべきとなると、

働き方改革は人事が経営と現場をしっかり巻き込みながら進めていく

必要があります。

 

  1. その他(セミナー情報など)

2/23(火)の午前に残業削減、午後にWLBのセミナーを実施しました。
午前はほぼ満員、午後は定員オーバーの申込みをいただきまして、
ありがとうございました。

2/23(火)の内容をさらにブラッシュアップして4/20(水)と4/26(火)に
セミナーを開催いたします。

①【満員御礼につき、追加開催】【人事管理職/企画担当者向け】 全社的なワーク・ライフ・バランス、残業削減活動に再び火をつけ、会社を強くするには ※無料

②【経営者・人事管理職向け】 長時間残業を劇的に削減しながら売上を増やし、ビジネスの持続可能性を高める※無料、社員1,000名以下向け


 

  1. 近況報告

2月末で弊社は4期目が終わる。

3月からは5期目に入る。
 

28歳で起業をすることを26歳のときに決意し、

29歳になる手前で起業をした。
 

起業してからの4年間は濃密だった。

前職で人事をやっていたときよりも濃密だ。

求められる役割がガラっと変わったので当たり前と

いえば当たり前。
 

ここまで弊社を育てていただき、導いてくださった

顧客の皆様に心から御礼を申し上げたい。

本当にありがとうございます。
 

今まで会社を経営してきて、特に今気を付けていることは

・自分一人でやれることには限界がある

・会社は仕組みで回っていく

ということだと思う。
 

自分一人の限界は、いい意味で気づけた。

所詮、一人でできることはたいしたことではないので、

より大きな価値、より広い価値を提供したいと志すならば

組織化をしていかなければならない。
 

そして、組織化をしていくには仕組みを作らなければならない。

自分が今やっていることを誰でも同じようにできるように、

仕組みを作る。

でも、この仕組みをつくるのが後回しになりがちで、人が

できるようになるまでサポートを続けないといけないので

パワーがかかる。
 

しかしながら、

世の中のムダな残業を無くし、

世界で活躍できる人財を育成する、

というミッション・ビジョンを実現するには

組織化が欠かせない。
 

来期は組織化に最注力し、提供価値を高めて広げていく一年。

皆様にご指導いただけると幸甚だ。

 


 

  1. 今週の1冊    

 

今週はお休みです。


 

  1. 今週のニュース・記事

 
資生堂、「子育て社員へ遅番要請」は是か非か(東洋経済オンライン)

資生堂「子育て女性に優しい」の先にあるもの(東洋経済オンライン)

2016年4月1日付人事異動等における ダイバーシティ&インクルージョン推進取組について(第一生命保険)

LGBTとAllyへの理解、行動を推し進める日本マイクロソフト(ASCII.jp)

トヨタの「女性活躍」は第三フェーズへ 男性の意識改革と働き方の見直しを進める(日経ビジネスオンライン)

違法残業2311事業所 厚労省発表、協定なく月200時間超も(日経新聞)

「ブラック企業」取り締まり、7割に違法行為(毎日新聞)

無駄な残業削減、「必要」が8割 コンサルが企業の実態調査(日経新聞)

イトーキが「朝残業」制度 朝5時~8時に手当(日経新聞)

 


 

  1. その他(セミナー情報など)

 
①【満員御礼につき、追加開催】【人事管理職/企画担当者向け】 全社的なワーク・ライフ・バランス、残業削減活動に再び火をつけ、会社を強くするには ※無料

②【経営者・人事管理職向け】 長時間残業を劇的に削減しながら売上を増やし、ビジネスの持続可能性を高める※無料、社員1,000名以下向け

 


Top