2016年4月15日のメールマガジンの内容をご覧になれます。

2016年7月10日発信

 

■目次と見どころ

 


 

noimage

1.近況報告

 

2.今週の一冊

今週はお休みです。
 

  1. 今週のニュース・記事

共働きでも子だくさん~仏企業の光と陰(前編)(日経ビジネスオンライン)

共働きでも子だくさん~仏企業の光と陰(後編)(日経ビジネスオンライン)
 
前編・後編とあわせてお読みいただきたい記事です。

内容はタイトルどおりですが、日本との比較においてそれぞれ良い面/悪い面が

紹介されているため、参考になります。

ワークライフバランスは全社員のためのもの、そのために全体の残業時間を短く

しなければいけないというのは全く同感です。

 

  1. その他(セミナー情報など)

①【満員御礼につき、追加開催】【人事管理職/企画担当者向け】 全社的なワーク・ライフ・バランス、残業削減活動に再び火をつけ、会社を強くするには ※無料

②【経営者・人事管理職向け】 長時間残業を劇的に削減しながら売上を増やし、ビジネスの持続可能性を高める※無料、社員1,000名以下向け

両セミナーとも満員御礼です。ありがとうございます。


 

  1. 近況報告

前回の新人研修の続きをお話したい。

2日間の研修で疲れていたため、品川駅の高輪口で

ラーメンを食べて帰ることにした。
 

30歳を超えてから夕飯ラーメンというのはめっきり

減ったが、とにかく早く食べられて早く帰りたかった。
 

品川駅は高輪口を出てすぐのところに「品達」という

ラーメン店が軒を連ねた場所がある。
 

そこに向かって歩いていると、なぜかいつも人が並んで

いない店に大行列ができている。
 

なぜだろう、、と思いながらその店を過ぎたら分かった。

その店とタンメンの店しか開いていないのだ。
 

個人的に行きたかった店があったので残念だが、開いていないので

仕方なく行列の少ないタンメンの店へ。
 

その店はご存知の方もいらっしゃると思うが、辛いタンメンが有名。

大学時代に友人に誘われていったところ、非常に辛く大ダメージを

負った記憶があったので、それ以降は行ったことがなかった。
 

普段なら行かないのだが、2店のうちもう1店は大行列なので

仕方なくタンメンの店を選択。
 

店前のカンバンに「つけ麺も日本一を目指します!」的なフレーズを

出していたので、辛くないのであればつけ麺にしよう、と即決。
 

5分ほど店前で並び、いざ入店。

券売機でつけ麺を選択し、席につくまでさらに2分ほど待つ。

そして席につく。
 

ここまではスムーズだ。

しかしながら、店は満席で、客でごった返している。

このパターンだとつけ麺が出てくるまで15分ほどは待たないと

いけないな、と腹をくくっていた。
 

すると、何と着席してから30秒ほどで出てきた(笑)

あれ、他の人とオーダーを間違えられたかな?と一瞬思う。

でもそんなことはなかった。
 

極太麺が出てきたが、普通だとゆでるのに8分かかるコースだ。

にもかかわらず即出てきたということは、、、
 

案の定、食べてみると麺はのびていた。

作り置きだな、と即座に分かった。
 

作り置きそのものは、必要な時もあるのだと思う。

だが、「日本一を目指す」のであれば言っていることとやっている

ことが違う。
 

でも、そんな打ち出しをしている経営者/本部の人間の想いは

現場には届かないのかもしれない。
 

現場の人たちは、日々忙しいのだ。

日本一を目指されても迷惑なのかもしれない。
 

トップの意思を現場に浸透させる難しさを、つけ麺を食べながら

実感することとなった。
 

一方、普段来ない店なのでどういった人が来るのか興味があり、

両サイドのおじさまを観察していた。
 

右隣りのおじさまAは、定番メニューのタンメンを食べている。

まだラーメンの1割も食べていないが、額に尋常ではない汗をかいている。。
 

左隣りのおじさまBは、冷やしタンメンを食べている。

2口食べる度に、むせている。。
 

つけ麺に関しては不満だったが、額に尋常ではない汗を流したり、

2口食べる度にむせても、それでも食べたいというコアなお客さんが

いるんだな、ということもよく理解できた。
 

本業のタンメンは確固たる地位を築いている。日本一かもしれない。

でも、つけ麺でも日本一を取るのは至難の業なのだと思う。

本気で日本一を取りに行くのであれば、それに見合っただけのリソースを

投入しなければいけない。
 

自分(会社含め)の志と行動が一致しているか、反省。

 


 

  1. 今週の1冊    

 

今週はお休みです。

 


 

  1. 今週のニュース・記事

 
共働きでも子だくさん~仏企業の光と陰(前編)(日経ビジネスオンライン)

共働きでも子だくさん~仏企業の光と陰(後編)(日経ビジネスオンライン)

社長対談 メガチップスのダイバーシティとは(株式会社メガチップス)

埼玉の企業、働く女性後押し 埼玉りそなは残業なし正社員(日経新聞)

 


 

  1. その他(セミナー情報など)

 
①【満員御礼につき、追加開催】【人事管理職/企画担当者向け】 全社的なワーク・ライフ・バランス、残業削減活動に再び火をつけ、会社を強くするには ※無料

②【経営者・人事管理職向け】 長時間残業を劇的に削減しながら売上を増やし、ビジネスの持続可能性を高める※無料、社員1,000名以下向け

両セミナーとも満員御礼です。ありがとうございます。

 


Top