2016年7月8日のメールマガジンの内容をご覧になれます。

2016年7月8日発信

 

■目次と見どころ

 


 

noimage

1.近況報告

 

2.今週の一冊

今週はお休みです。

 

  1. 今週のニュース・記事

企業のダイバーシティ推進が掛け声倒れに終わる理由(ダイヤモンドオンライン)
 

外国人、女性とのコミュニケーションに限らず、企業風土として「立場を超えて

ものを言える」雰囲気があるかどうかは、ダイバーシティ実現のカギを握ります。

この吉野家ホールディングスの安部会長の言葉はその通りだと思います。
 

多様な人材、多様な視点を認めるには土台のコミュニケーションを自由に図れる

ことが必須です。ただ、同質性の高い環境で育ち、立場を重視しがちな私たちは、

日々のコミュニケーションを相当意識して取らなければいけないと感じます。

 

  1. その他(セミナー情報など)

①【満員御礼の追加開催】【無料体験/企画担当者様向け】仕事に追われる新人/若手が、仕事をヌケモレなく管理し、一人前かつ主体的に仕事を進めるようにするフォロー研修

②【満員御礼の追加開催】【経営者・人事トップ向け】 長時間残業を劇的に削減しながら売上を増やし、ビジネスの持続可能性を高める※無料、社員1,000名以下向け


 

  1. 近況報告

今週は先週までと比較して、一気に暑くなった。

最近はほぼ毎日、顧客・企業訪問があるため全身で感じる。

今週は特に月曜日と木曜日がひどかった。
 

お客様と打ち合わせをするとなると、かなり集中力を使う。

訪問前後の移動中に大量の汗をかき、体力も使う。

そうなると、打ち合わせ後にはぐったりとしてしまい、

その後に思考業務をやっても全然はかどらない。
 

ゆえに、極力訪問は午後に設定するようにしている。

そうすれば、午前中に元気な状態で仕事ができる。

必然的に午前に企画業務をすることになる。
 

今の自分の理想的な1日は、
 

午前:企画業務

午後:打ち合わせ1~2件

夕方:企画以外の業務・諸連絡

夜:会食(ときどき)
 

というようになっている。

午前を企画業務に充てられるのは週5日のうち3~4日ので、

これから4~5日に増やしていきたい。
 

企画業務の時間をしっかり確保するためには、

朝早く起きることもポイントとなってくる。
 

やはり9時~12時の3時間程度を企画業務に充てる日と、

7時~12時の5時間程度を充てる日とではアウトプットが違う。

頭のエンジンがかかるのにも1,2時間はかかっていると思う。

朝早い時間帯であれば涼しいので、集中もしやすい。
 

日々、一定のリズムに沿った時間の使い方は生産性を発揮するうえで

自分にフィットしていると感じる。
 

皆様はどのような工夫をされていらっしゃるだろうか?

効果的なものがあればぜひ、ご教示いただきたい。

 


 

  1. 今週の1冊    

 

今週はお休みです。

 


 

  1. 今週のニュース・記事

 
企業のダイバーシティ推進が掛け声倒れに終わる理由(ダイヤモンドオンライン)
http://diamond.jp/articles/-/94369

超残業職場を満足職場に変えた、JAL調達本部の「働き方革命(ダイヤモンドオンライン)

「頭から否定しては何も得られない」特集・JAL植木社長が考えるダイバーシティ(Aviation Wire)

「働き方を変える」を、本当に実施するために必要なこと(ダイヤモンド・オンライン)

なぜ楽天は二子玉川に移転したのか? (1/2)(IT MEDIA)

「女性が活躍する企業BEST100」ランクイン企業が語る重要ポイント(日経ウーマンオンライン)

 


 

  1. その他(セミナー情報など)

 
①【満員御礼の追加開催】【無料体験/企画担当者様向け】仕事に追われる新人/若手が、仕事をヌケモレなく管理し、一人前かつ主体的に仕事を進めるようにするフォロー研修

②【満員御礼の追加開催】【経営者・人事トップ向け】 長時間残業を劇的に削減しながら売上を増やし、ビジネスの持続可能性を高める※無料、社員1,000名以下向け

 


Top