2015年7月10日のメールマガジンの内容をご覧になれます。

2015年7月10日発信

 

■目次と見どころ


 

noimage

1.近況報告

 

2.今週の一冊

速さは全てを解決する—『ゼロ秒思考』の仕事術(ダイヤモンド社)

 

  1. 今週のニュース・記事

深夜残業→翌日必ず遅出 勤務間休息ルール始まってます(朝日新聞)

 

  1. その他(セミナー情報など)

①【無料体験セミナー】渡辺パコのロジカルシンキング

②【無料体験セミナー】次世代リーダーに求められる、先を見通しビジネスを描けるようになる「多面思考」と「先見力」を
  身につける次世代リーダー研修

③ 無料体験セミナー、管理職以上向け】多様性と働き方改革によって、未来組織を創るダイバーシティ研修

④【企業経営者・人事管理職限定】 残業を劇的に削減し、売上アップも実現するセミナー※社員1,000名以下の企業向け 


 

  1. 近況報告

昨日はDeNAの南場会長の講演を聴く機会があった。

今日は特に感銘を受けた講演内容を紹介したい。

それはDeNAの「新規事業」の取り組み姿勢だ。

普通の新規事業の場合、フローは以下のようになる。

 

企画 → 準備・開発 → スタート
   ↑       ↑
  経営の     経営の
  意思決定    意思決定

 

DeNAもこのフローで新規事業の意思決定を続け、失敗したとのこと。

では、どのように変えたか?

 

企画 → 準備・開発 → スタート

 

非常にシンプルである。

「え!?」経営の意思決定は無いの?と思われたかもしれない。

私も講演を聴きながら、声が出そうなほど驚いた。

いきなり、スマホのアプリなどをApp StoreやGoogle Playに載せさせるそうだ。

広告費などは、当然全く無い。

 

ゆえに、開発者は家族や友人にアプリダウンロードを頼むしかない。

ここでユーザー数、リピート率、紹介率、アプリ滞在時間などを計測する。

そして、イケると思ったら経営会議に諮るそうだ。

 

経営陣は40代~50代のため、正直ヒットするかどうかは分からないとのこと。

だから、まずはユーザーに評価をしてもらう。

経営陣はアプリがヒットするか正直分からないから、評価はしない。

ヒットしそうなアプリが経営会議に持ち込まれたら、しっかり評価をして

日本単位や世界単位での流通を検討する。

 

1,000億円企業でこのベンチャーのような仕組みを実行できるのがすごい。

そして、マッキンゼーで働き1,000億企業を創ってきた南場さんが、分からない

ことは評価しない、という謙虚な姿勢を持ち続けていることに感銘を受けた。

 

ちなみに、南場さんは今、ヘルスケア事業に特に力を入れている。

MY CODEという遺伝子検査サービスを提供している。

 

私が説明するより、HPを見ていただいたほうが正確に伝わると思う。

病気になってからケアをするのでは遅い。

普段から健康を維持するためにサービス提供をする。

それは、南場会長の旦那様が大病を患われ、大きな後悔をしたから。

そのような後悔をしてほしくない、という想いが事業になっている。

 

「普通」のやり方を疑ってみる。

自分にできないことをはっきり認め、できる人に任せる。

そして、どれだけ役職が高くなっても、成果を出しても謙虚であり続ける。

自分のできることから真似したい。

 


 

  1. 今週の1冊 速さは全てを解決する—『ゼロ秒思考』の仕事術(ダイヤモンド社)

 

【書評】

マッキンゼーで14年間活躍した著者が明かす仕事のスピードを極限まで上げる

哲学とノウハウが紹介されています。

 

仕事の「スピード」を上げることがテーマであるため、「仕事の段取り・進め方」と

「思考の仕方」の両方がとりあげられています。

「仕事の段取り・進め方」は本文抜粋に内容を記載しています。

「あなたの仕事が遅い理由」などは的を射ており、前半部分を読むだけでも主任~

管理職初級の方々でも十分価値があると思います。

 

ただ、「思考の仕方」に関しては本のボリュームとの関係で内容を薄くせざるを

得ないため、「思考の仕方」だけをテーマにした本を読まれたほうが良いです。

 

「まず全体像を描く」のパートに書かれている、「上司がいる場合は、自分で

全体像を考え、上司にぶれがないことを確認して見定めてから、実際の作業に

はいる」などは当たり前のようで、徹底するのは難しいと思います。

改めて、ご自身の仕事の進め方を点検する意味でご一読されるのもよろしいかと

存じます。

 

【本文抜粋】

日本のホワイトカラーの生産性の低さの三大要因は、「自分で決定し、推進

しきれない多くの経営者や部門長」「部門内外の調整につぐ調整」「それに伴う

膨大・過剰な資料作成」だと考えている。

 

■あなたの仕事が遅い理由

・すぐ始めることができない

・やるべきことに集中できない

・段取りが悪く、後手後手になる

・優柔不断、迷う

・書類、資料作成が遅い

・メールに多くの時間を取られる

・会議が多い、時間が長い

・差し戻し、やり直しが多い

 

■速さが解決する5つのこと

・速さが上がれば、やるべきことにすぐ着手できる

・速さが上がれば、頭がよりよく動く

・速さが上がれば、PDCAを何度も回すことが出来る

・速さが上がれば、やる気が出てくる

・速さが上がれば、実力を出せる

 

■スピードを上げるための8つの原則

①まず全体像を描く

②丁寧にやり過ぎない

③仕事のツボを押さえる

④好循環をつくる

⑤工夫のしかたを工夫する

⑥前倒しする

⑦一歩先んじる

⑧二度手間を全力で避ける

 

【目次】

第一章:速さは全てを解決する

第二章:スピードを上げるための8つの原則

第三章:思考のスピードを上げる具体的な方法


 

  1. 今週のニュース・記事

 
深夜残業→翌日必ず遅出 勤務間休息ルール始まってます(朝日新聞)
 

健康経営」取り組む企業増加 生産性向上&医療費削減に期待(SankeiBiz)
 

36%のビジネスパーソンが21時以降も働いている ~瓦版「働き方白書」残業の実態について~(財経新聞)

 

朝型勤務キャンペーン「ゆう活」がスタートーーかえって「残業格差」が広がる恐れも?(BIGLOBEニュース)
 

エービーシー・マート 違法な残業で陳謝(NHK)
 

多様な働き方と子育てを支える税制に(日経新聞)
 

りそな銀行「スマート正社員」導入から見える、残業常態化の労働環境(JIJICO)
 

「残業」より「デート」優先の新入社員、4年連続で増加(TBS News)
 

ツールだけでは不足、労働実態も可視化–危機感を共有して働き方を変えるANA(ZDNet Japan)

 


 

  1. その他(セミナー情報など)

 
①【無料体験セミナー】次世代リーダーに求められる、先を見通しビジネスを描けるようになる「多面思考」と「先見力」を身につける次世代リーダー研修
2015/7/14(火) 14:30~16:30  JR有楽町駅徒歩1分 東京国際フォーラム
 

②【無料体験セミナー、管理職以上向け】多様性と働き方改革によって、未来組織を創るダイバーシティ研修
2015/7/28(火) 14:30~16:30  JR有楽町駅徒歩1分 東京国際フォーラム
 

③【企業経営者・人事管理職限定】 残業を劇的に削減し、売上アップも実現するセミナー※社員1,000名以下の企業向け
2015/07/29(水) 15:30 ~ 17:30  JR有楽町駅徒歩1分 東京国際フォーラム 

 


Top