【満員御礼の追加開催】【経営者・人事トップ向け】 長時間残業を劇的に削減しながら売上を増やし、ビジネスの持続可能性を高める※無料、社員1,000名以下向け

2016-09-01

セミナー概要

 社員1,000人以下の企業は、少ない人員で組織運営をする必要があるため、残業が多くなりがちです。

長時間残業による社員の傷病や退職があるとさらに人員が少なくなり、欠員補充のためのお金もかかるため、

社長や人事責任者の頭を悩ませます。この悪循環から抜け出せず、経営を続ける限りこの悩みがつきまとうのではないかと思うほどかもしれまん。

 社員1,000人以下の企業で残業を劇的に削減するには、まずトップの決意が必要です。しかしながら、

売上が下がるかもしれない不安を抱えながら残業削減に取り組んでも芳しい成果は出ませんし、

実際に売上が下がるよう予兆があると取り組みを辞めてしまいがちです。ゆえに、残業削減に

取り組んでもうまく成果が出ない構造が出来上がります。

 残業削減を成功させるには、「小さく成功体験を積みながら始め」「経営と社員が同じ方向を向き」

「残業削減を前向きにとらえ」ことがポイントになります。特に、小さく成功体験を積みながら始めることが

重要です。残業削減は実現可能なのだと、売上は下がらずむしろ上がるのだと実感すれば、経営も社員も

俄然やる気になります。そして、経営も社員も共通の残業削減という明るい未来を向き、前向きに取り組むことで残業削減が加速していきます。

 どのような企業、個人でもムダな時間・ムダな仕事があるため、これらのムダを取り除き残業を減らします。ゆえに、残業を減らしても売上が下がることが回避できるのです。そして、より本質的な仕事に効果的に

取り組むことで、さらに残業を減らしながら、むしろ売上アップを実現できます。実際に、残業を劇的に削減

しながら売上アップも実現し、営業利益が飛躍的に向上した企業の実例もご紹介いたします。

 今回は、残業を劇的に削減するためのポイントを2時間のセミナーでご紹介します。ご興味がある

企業経営者、人事責任者はの方は奮ってご参加ください。

※ご同業や個人の方のご参加はご遠慮いただいておりますので、予めご了承ください。

プログラム

日時 内容
1日目

14:30 ~ 16:30

残業を劇的に削減し、売上アップも実現するポイントの紹介

①社員1,000人以下の企業が残業削減を実現するうえでの課題
②課題解決のアプローチ
③具体的な取り組み方法

講師情報

若林 雅樹(ワカバヤシ マサキ)

株式会社プロスタンダード
代表取締役社長

株式会社インテリジェンスに入社し、一貫して人事を経験。1,000名が受講した「ホワイトカラーの生産性向上研修」を企画、講師を実施。また、全社5,000人の残業削減プロジェクトを任され、残業時間を半分近くまで削減する。2012年3月に人事総務部MVP受賞。現在は企業向けに「残業削減のコンサルティング」、「生産性・WLB向上活動を浸透させる全社スキルアップ研修」、その他は研修全般を提供している。著書は「メールはすぐに返信するな。」(KADOKAWA)月刊人事マネジメントにて「全社的な生産性・ワークライフバランス向上活動を“泥臭く”継続・徹底して、大きな成果をあげる方策」を連載中。

詳細情報

開催日時 2016/09/01(木) 14:30 ~ 16:30(受付14:00~) 
会場住所 東京都千代田区丸の内3丁目5番1号 東京国際フォーラム (地図を表示)
会場名 JR有楽町駅徒歩1分 東京国際フォーラム 会議室G504
講師 若林 雅樹
受講費 無料
定員 20名
特典 代表の若林が連載している「全社的な生産性・ワークライフバランス向上活動を”泥臭く”継続・徹底して、大きな成果をあげる方策(月刊人事マネジメント)」の記事をプレゼント
参加申込期限 2016/08/31(水) 18:00
申込後のキャンセル期限 2016/08/31(水) 18:00
受講対象 管理職、経営者・経営幹部、人事・労務
主催 株式会社プロスタンダード
contact-form-7 id=
Top