なぜ残業が美徳になったのか?

海外から「日本人はとにかく働く」というイメージを持たれています。それに加えて、日本人は「残業」をします。
残業した=よく頑張ったと労わりたい気持ちになりますが、現代は残業を問題視する時代なのです。

残業が必要な理由

残業が必要な理由

そもそも、どうして残業するのかを考えてみる必要があります。

まず一つ目の理由としては、規定の時間内で処理できない仕事量があることです。企業競争で勝ち残るための戦略として、必然的に業務量が増えている企業も少なくありません。そのため、それをこなす役割である社員の残業も必然的に増えることになるのです。しかしこれは、業務の効率化や生産性の向上によって解決できる可能性が大いにあります。

二つ目に、「長時間労働は糧になる・時間をかけるほど偉い・残業をすると評価が上がる」、このような解釈で残業に取り組む社員の存在です。評価基準や着眼点を社員にしっかり伝えることで解決が見込めますが、その他にもリーダーや管理職の部下をしっかりマネジメントできる能力が必要となります。

新しい時代の働き方

新しい時代の働き方

「残業が美徳である」という時代は、終焉を迎えようとしています。これからの時代は、ワークライフバランスを重視します。ワークライフバランスにはタイムマネジメントが重要であり、それを浸透させるためには意識づけと習慣化が必要です。企業内で新しい時代の働き方に対応するためのシフトチェンジを行うのは、簡単なことではありません。

そこで、専門家による社員研修が抜群の効果を発揮するのです。現場で働く社員に対しては効率的に業務をこなし生産性を高めるためのスキル、管理職や次世代リーダーに対しては社員を統括する能力や人材育成能力を開発できる教育研修を取り入れて、人材と企業のキャリアアップを目指しましょう。

東京を拠点として様々な企業様に社員研修を行う株式会社プロスタンダードでは、「残業削減」をミッション・ビジョンとして掲げています。残業を削減しても、生産性を向上させることはできます。そのために必要な知識や方法を、教育研修・能力開発を通してお伝えします。

現場で活用され、定着することに主眼を置いた研修となっておりますので、定期的な効果測定も大切です。そのために必要な知識や方法は、次世代リーダーや管理職向けの研修にてお伝えします。様々な経歴を持った講師陣による研修は、人材と組織の成長に貢献する濃密な内容です。次世代リーダー・管理職・若手中堅社員の教育研修は、ぜひ東京の株式会社プロスタンダードにご相談ください。

Top