ワークライフバランスの必要性

日本は長時間労働者の割合が高い国として世界中でも有名です。「毎日残業で疲れた」「もっと自由な時間が欲しい」と感じ転職を考える方も多く、仕事とプライベートを上手く調和させたいと願う方々が増えています。そんな中、現在注目を集めているのが「ワークライフバランス」という考え方です。

ワークライフバランスについて

近年よく耳にするワークライフバランスという言葉。「仕事とプライベートの時間をバランス良く取ること」と捉えている方が多いようですが、単なる時間配分のことを表しているのではありません。例えば、今多くの日本人が過ごしている生活をイメージしてみましょう。急速なIT技術の進歩に伴い、企業に勤めている人々は個人のするべき業務内容が増え、時間に関係なくいつでも何処にいても仕事に応じなければならない現状にあります。

私生活を犠牲にして毎日遅くまで残業し、大切な家族やパートナー、友人と過ごす時間も十分取れず、休日もお構いなしに出勤させられて、自分の時間を楽しむ余裕もなく、仕事一筋の生活を送っている人々が多いです。果たしてこのような状態で、仕事の効率を高めて良い成果を残せることができるのでしょうか。

ワークライフバランスについて

また、仕事で良い結果を出すためには、知識やスキルを磨くと共に広い視野を持って人脈作りに取り組むことが大切です。
豊かな人脈を築くには、ビジネスシーンのみならず、私生活を充実させることで豊かな交友関係が作られます。「私生活を楽しく過ごすことで仕事も効率良く進む」「仕事に良い成果が出ることでプライベートが楽しめる」この関係性がまさにワークライフバランスの実現といえるのです。

ワークライフバランスのメリット

ワークライフバランスのメリット

ワークライフバランスが注目される背景は大きく2つに分かれます。
まず、1つ目が女性の社会進出による共働きの増加です。
1985年に男女雇用機会均等法が成立されて以来、女性を戦力化する動きが高まっており、女性活躍推進に取り組む企業が増えています。それに伴い、女性管理職や女性起業家を目指す方、結婚・出産後も仕事を続けたい方が多く、お互い家計を支えるために共働きをする考え方が一般化しつつある状況です。

これまで「家事・育児に関することは女性が行い、男性は家族を養うために仕事に励む」という考え方が基本でしたが、現在ではこのような考え方は通用しない時代に突入しており、労働者の意識も変化しています。また、少子高齢化に伴い、働きながら育児介護をする方も多く、自由な時間が持てずストレス抱えている方が沢山いらっしゃいます。さらに、少子高齢化問題は企業にとっても頭の痛い問題です。

なぜなら、労働者の人口が減少することで、優秀な人材を新しく採用することが困難になりますし、現在雇っている人々を辞めさせないよう努力しなければ経営を維持することはできません。ワークライフバランスを実現することで労働者の満足度が高まり、人材の定着化を図ることができます。労働者はもちろん企業にとっても多くのメリットがあるワークライフバランスという考え方、新たな経営戦略として今後も多くの企業に受け入れられること間違いないでしょう。

株式会社プロスタンダードでは、企業の生産性向上・労働者時間削減を支援いたしております。残業削減のコンサルティングをはじめ、個々の能力を底上げするための全社スキルアップ研修、売上アップを実現するセミナーなど様々なサービスをご提供しておりますので、ワークライフバランスを実現したい企業様には大変おすすめです。

また、近年変化し続けるビジネス環境や多様化する顧客ニーズに対応するために、ダイバーシティ推進に取り組む企業が増えています。生産性を向上して意識改革を行うためにも、株式会社プロスタンダードのご提供しているサービスを有効な手段としてぜひご活用ください。

Top