作業効率化と環境整備

新入社員研修ではビジネスマナーやパソコンスキルなどが重視されますが、環境整備の重要性も取り上げる価値があります。
整理整頓と聞いて、どのようなイメージを持つでしょうか。難しく考えすぎず、分かりやすく明確にお伝えします。

作業効率を考えた整理整頓

作業効率を考えた整理整頓

ビジネスにおける整理整頓は、デスク周りからはじめます。仕事の進め方や効率を考えて環境を整えます。例えば、頻繁に使用する物はデスク上の利き手側に、使用するときが限られている物は利き手と反対側に置くのが基本ですが、頻繁に使用する物をあえて利き手と反対側に配置すると、脳の活性化に効果的です。

また、必要な書類をしっかりファイリングすることも大切で、緊急にホウレンソウが必要な場合に、必要な情報をスムーズに引き出すことができます。整理整頓をして環境整備することによって、作業効率化が実現できるのです。

環境整備で生まれる良い影響

指定席を決めて、それを守るためのシステムを構築することと、清潔感・効率の良さを重視することが大切です。
不要な物がない机で仕事を行えば、集中力や処理能力がアップすると考えられているのです。保有する情報を常に整理整頓することで、実際に活用する際の手間が省けて効率良く動けるようになります。

また、必要な物と不要な物を見極めて「捨てる習慣」を身につけることで、決断力が高まります。必要かどうか判断し難い物に関しては机の中に規則的に収納するなどして、視界に入る情報量をセーブします。キレイに整ったデスクで仕事を進めることで脳へのストレスが軽減され、モチベーションの向上・維持にもつながると考えられています。

東京都で新入社員研修の実施をお考えの教育研修担当者様は、ぜひ株式会社プロスタンダードにご相談ください。
新入社員研修だけではなく、次世代リーダー向け・管理職や中堅社員向けなど階層ごとの研修を提案いたします。教育研修や能力開発を通じて、貴社の残業削減・生産性やワークライフバランスの向上を支援いたします。

新入社員研修で即戦力となる人材を育てたい、新入社員研修によって仕事の進め方を徹底して吸収して欲しいとお考えでしたら、東京を拠点として活動する株式会社プロスタンダードにご相談ください。

Top